個人情報保護・診療情報開示

個人情報保護

当院では、個人情報保護法の下、個人情報管理委員会を設置し、適切で厳格な管理の下で個人情報の取り組みを行っています。ご不安な点やご質問がございましたら、受付職員までお申し付けください。

■ 個人情報の利用目的
(1)院内での利用
   1患者さまに提供する医療サービス
   2医療保険事務
   3入退院等の病棟管理
   4会計・経理
   5医療事故等の報告
   6当該患者さまへの医療サービスの向上
   7院内医療実習への協力
   8医療の質向上を目的とした院内症例研究
   9その他、患者さまに係る管理運営業務 

(2)院外への情報提供としての利用
   1他の病院、診療所、助産院、薬局、訪問看護ステーション、介護サービス事業者等との連携
   2他の医療機関等からの照会への回答
   3患者さまの診療等のため、外部の医師等の意見・助言を求める場合
   4検体検査業務等の業務委託
   5ご家族等への病状説明
   6審査支払機関へのレセプト提供
   7審査支払機関または保険者からの照会への回答
   8事業者等から委託を受けた健康診断に係る、事業者等へのその結果通知
   9医師賠償責任保険等に係る、医療に関する専門の団体や保険会社等への相談または提出
  10その他、患者さまへの医療保険事務に関する利用 

(3)その他の利用
   1医療・介護サービスや業務の維持・改善のための基礎資料
   2外部監査機関への情報提供

※上記のうち、他の医療機関等への情報提供について同意しがたい事項がある場合には、その旨を担当窓口(1F受付窓口)
  までお申し出ください。
※お申し出がないものについては、同意していただけたものとして取り扱わせていただきます。
※お申し出は、あとから撤回、変更することができます。
※外来でのお名前の呼び出しや入院病室の名札の掲示、電話の呼び出しについて不都合のある患者さまは、外来受付窓口
  または病棟の看護師へお申し出ください。

診療情報開示

診療情報の開示にあたっては、患者さまの大切な個人情報であるという観点から、プライバシーを保護するために以下の条件を定めております。ご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

1.診療情報の提供方法
・診療内容の説明 
    診療録などに記載された診療情報については、わかりやすくご説明いたしますので遠慮なく主治医までお申し出ください。
・診療録などの開示
    診療録など診療情報の開示を希望される方は、「診療記録の開示申請書」に必要事項を記入していただきますので、
    1階受付までお申し出ください。

2.診療情報開示の対象者
    診療情報開示の対象者は、原則として患者さま本人、ならびに患者さま本人が指名した親族またはそれに準ずる方となって
    おります。ただし、患者さま本人が自己の診療について合理的判断ができないと認められる場合には、法定代理人および
    実質的に患者さまのお世話をしている親族またはそれに準ずる方となります。 

3.対象者の確認 
    患者さま本人のプライバシーを保護するため、患者さま本人であることを証明できるもの(運転免許証、パスポートなど)を
    ご提示していただきます。
    また、患者さま本人以外の方につきましては、
    (1)患者さまが指名したこと(委任状など)
    (2)申請者本人であること
    (3)患者さまとの関係をそれぞれ証明できるもの(戸籍謄本など)
    をご提示していただきます。場合により、患者さま本人へ確認させていただくこともございます。 

4.診療情報を開示することができない場合 
   次のいずれかに該当する場合は、開示できないことがあります。
    ①患者さま本人の治療効果などへの悪影響が懸念されるとき。
    ②患者さま本人以外から開示の請求がされた場合であって、患者さま本人が開示を希望しない場合、または患者さまの
       利益に反すると認められるとき。
    ③患者さま本人以外の第三者の不利益となる恐れがあるとき。
    ④他の法令に違反することとなるとき。
    ⑤その他、開示と適当でないと認める相当の理由があるとき。

5.患者さま本人が死亡された場合
診療情報の開示は、患者さま本人に対して行うことが原則となっておりますが、患者さま本人が死亡された場合で、ご遺族
からの請求の場合には1階受付までご相談ください。