内視鏡検査のご案内

  • Home
  •   »  内視鏡検査のご案内

胃腸科

平成14年4月1日より、胃腸科に上田 博一郎医師を迎えました。良性の胃腸科の病気、例えば、胃十二指腸潰瘍、等の診断治療は勿論、胃がん、大腸がん、膵臓がん、胆嚢がん、等の早期発見、早期治療に貢献したいと念じています。上田医師は、内視鏡検査、特に大腸内視鏡検査、治療に優れておられます。当院では、最新の内視鏡検査治療器材を揃えて、迅速正確な診断治療が出来る体制を整えています。また、自動内視鏡洗浄器を設置して、内視鏡による感染予防に努めております。上田医師を迎えて、胃、十二指腸、大腸内視鏡検査、ERCP(内視鏡的逆行性膵管造影)、治療では、EMR(内視鏡的粘膜切除術)、大腸ポリープ切除術が、日常的に行われています。

内視鏡検査

消化器内視鏡検査のご案内
上田 博一郎医師による検査です。

《胃・十二指腸ファイバースコピー》  《大腸ファイバースコピー》
毎週、木曜日午前中に行います。 ご予約が必要です。

 ご予約は、099-265-3151 天辰病院外科外来看護師か係りにお願いいたします。

診療内容の変更

平成14年4月1日より、胃腸科は上田 博一郎医師による診療を開始し、とくに、消化器内視鏡検査に力を注いで頂きました。平成17年6月末までの3年3ヶ月で、内視鏡検査で見つかった胃がんは、14例、うち、早期胃がんは8例(57%)、大腸がんは、11例、うち、早期大腸がんは8例(72%)でした。早期がんの患者さんが多数を占めておられるのが特徴的です。
平成17年7月1日以降、上田医師は、非常勤で消化器内視鏡検査をされ、日常の胃腸科診療は、天辰医師(院長)が行うことになりました。よろしくご了承下さい。